主なカテゴリ
  • HOME
  • 似合うシャツの選び方
  • シャツへのこだわり
  • 商品一覧
  • お客様の声
  • 購入の流れ

似合うシャツ選び

女の子の本音の話。

くらいいスーツを着ていてもシャツが合っていないと、シャツ姿にがっかり、、、」

この話は20代のOLの方達にアンケートをとった時、一番多い意見です。
そうです、いくら良いスーツを着ていても、
シャツがブカブカだったり、袖丈があっていないシャツを着ていると、
イケてないと思われてしまうんです。。


そこで、皆さんにシャツをジャストサイズで着こなすための情報をお知らせします。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その1 オーダーの種類を知る

シャツを選ぶ際、大きく2種類あるんです。それはというと『既製シャツ』と『オーダーシャツ』
やっぱり、ジャストサイズのシャツを選ぶにはオーダーシャツが基本ですよね。
既製シャツはお値打ちじゃん!袖丈とかも直してくれるところもあるし、最近はデザインが良い量販店がいっぱいあるし。っと
そんな声がたくさん聞こえてきそうです。既製シャツも現在はだいぶ技術が進みお値打ち商品もたくさんあるのも事実です。

しかし、大きな大きな問題がひとつ、
それは体型補正に限界があるということです。
なぜなら、既製品はできた状態が完璧な状態、そこに大きな補正を加えるということは形が崩れてしまうことに、、、

オーダーシャツは体のサイズを採寸しあなただけのサイズで仕立ててくれるため、体にフィットしたぴったりのシャツづくりが可能。
実はオーダーシャツにもオーダーの種類があるのをご存じでしょうか?大きく2つのパターンがあります。

PATERN-ORDER (パターンオーダー)

オーダーシャツの中でも最もシンプルでリーズナブルなオーダーシステムで現在流行りのシステムです。用意された既製品や型紙をベースに拡大・縮小していくタイプで、気軽にオーダー感覚を楽しめます。ただ、体型補正の点で制約が多く体型に癖のある方は予め確認したほうがよいでしょう。
首周りや袖丈のみを採寸して、肩幅や胸囲を測ることもなく、すすんでいくお店もありますので事前にご確認を。
最近では大手量販店の会社やデパートなどで販売されており、値段も既製シャツに近く数千円代~あり、1万円程度やそれ以下のほとんどがこのパターンオーダーがメインとなります。納期は仮縫いがないため早いところでは約10日~20日間で完成します。

FULL-ORDER (フルオーダー)

オーダーシャツの最高峯で、様々な体型を採寸し型紙を一から起こすオーダーシステムです。テーラーと顧客が相談をしながら1着を作り上げていき、顧客のために専用の型紙を起こすため、体の癖などを自由に補正でき、顧客の好みや希望に細かく答えられるのが最大のメリットです。
納期はお店にもよりますが、約2週間~1カ月前後で完成しますしかし、仮縫い等の複雑な作業や納期の問題で値段が高価となり、デパートや街のテーラーで仕立ててもらうと相場は2~4万円前後となります。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その2 正しい自分のサイズを知る

これから紹介させていただく方法は、シャツを選ぶ際に知っておくと、よりジャストサイズなシャツを手に入れることができる方法をお知らせしたいと思います。

○首周りのサイズを知る

日本ではオーバーサイズのシャツを良く見かけます。これは日本のシャツ屋で良く聞かれる首周りのサイズを選ぶ際に「喉元に指一本分の余裕を」とススメられることと関係があるといわれています。また最近のシャツはラフに見える衿腰(襟の高さ)が低い傾向があり、そのせいで首周りの採寸の位置も低くなってきています。そのため、自分の首周りのサイズを勘違いしてしまっている人が多いのです。
シャツは喉仏の下あたりできちっと採寸してもらうようにお願いするようにしましょう。

○袖丈のサイズを知る

袖丈の正しい長さはスーツの袖先からシャツが1.5cm程覗くことが理想と言われています。
もしこのシャツがスーツから覗いていない場合、メリハリがなくないスーツがオーバーサイズに見えてしまい、ジャストサイズな着こなしに見えません。
自分に合った袖の長さをしっかり把握し、つんつるてんにならないように袖丈を選びましょう。

選び方のポイントとしては、まず生地や仕様、デザインにいってしまいがちですが、
ご自分の体型を知って、体に合ったシステムを選んでいただくことがジャストサイズなシャツの選びの基本となります。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その3 テクニック編

これから紹介させていただく方法は、実際にシャツのサイズを変えるのではなく、
生地の柄やフィット感などを少し意識していただくだけで、よりシャツがジャストサイに見えてしまう方法をお知らせしたいと思います。

背の低い人

背の低い人は、ピッチの狭めの縦のストライプ柄が似合います。その理由は、ストライプ柄には縦に膨張して見せる作用があり遠目に立体感がでるからです。また、背の低い人は、相手の視線のポイントをできるだけ高い位置におくことで、背の低さをカバーすることができます。Vゾーンを華やかにするために明るい色柄のタイを合わせることも効果的。

細身な人

細身な人は、シャツを着ているという印象より、シャツに着られているという印象を受ける場合が多くあります。
痩せている人はとくにサイズにこだわってください、首周りや身幅がしっかり合っていると、より体にフィットした印象を与え、シャツに着られているという印象をなくすことができるからです。

むっちりな人

むっちりな人はスリムなシャツを無理に着ないほうが良いです。あえて少しゆったりしたシャツに、くっきりとピッチの太いストライプの入ったシャツが視覚効果で引き締まって見え似合います。ピッチ幅は1cmぐらいある柄を選ぶと体型を細く見せる効果があります。しかし、あまりにオーバーサイズで余裕のあるシャツを着る場合、余計に太って見えてしまいます。ポイントは少しゆったりしたサイズのシャツをジャストに着ましょう。

ご紹介した方法は一種のテクニックです、やはりどんな体型でもジャストサイズのスーツを選ぶことを基本とし。
その上で、体型にあったシャツの柄や色合いなどを選ぶと、よりジャストサイズなシャツになります。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その4 生地を知る

ここでは生地の個性についてお知らせします、
シャツ選びの際には、ヨーロッパの国々ではまず『素材』と言われるくらいシャツの着こなしにとっては重要な物なんです。
生地質によって、ジャストサイズな着こなしに近づくのはもちろん、見た目のスマートさやカッコよさにも影響します。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その4 生地を知る

ポリエステルが入った生地も最近は優れた生地が多いのですが、シャツはもともと、アンダーウェアだったことを考えると「着心地の良さ」が一番重要になってくるのではないでしょうか。最近のシャツはポリエステルが良く使用されていますが、たしかにシワになりにくいことや耐熱性では優れていますが、着心地や体へのフィット感を考えると、やはり自然素材だけを使用した100%COTTON素材に勝るものはないでしょう。

次は、『番手100』などと書かれた表示を見たことがあると思います。この数字は生地の織り方の違いにより異なり、この数字が高いほど生地がきめ細かく高級品といわれておりますが、その分、シワになりやすいといわれています。通常のビジネスシーンには、シワになりにくい100~150前後が着心地も良好で耐久性、高級感もあり、向いていると一般的に言われています。 シャツを着る目的は何か、どんな風に着たいかなどによって、生地の特徴や質で使い分けてみるのも賢い選び方です。

ジャストサイズなシャツを選ぶ方法 その5 予算を見極める

ここではシャツ購入に関して避けてとれない予算のお話をしますね。みなさん購入の際は、だいたい予算を決めてシャツ選びをされていると思います、店員さんに勧められたりして、予想以上の買い物をしてしまったことはありませんか?

まず皆さんが身近に感じている既製シャツの料金に関しては分かりやすく問題ないと思います。
自分の誘惑にまけないようにがんばりましょう!

問題はオーダーシャツの料金に関して、よくご相談を受ける一つがオーダーシャツ料金の分かりにくさ、
料金表示には0000円とかいてあるが、実際話をすすめていくと、この生地が良い、このオプションをつけるとより良く見えますよ、長持ちしますよ。と言われることが多く、見積もりを出してみると基本料金プラス数千円というのがよく聞くパターンです。

やっぱり、横に置いてある良い生地をみてしまったらそちらを選びたくなるのは当然ですよね? オーダーシャツ屋はこういったシステムで利益を上げているのも事実です。