主なカテゴリ
  • HOME
  • 似合うシャツの選び方
  • シャツへのこだわり
  • 商品一覧
  • お客様の声
  • 購入の流れ

シャツなんでも大辞典

必見!ネクタイの選び方:オーダーシャツ辞典:Suit-Ya

2013/02/28

【ネクタイ選びで大切なこと】


・大切なのは「つくり」を見極めること


当たり前のことですが、ネクタイは結んで使用するものです。


生地や柄は重要な選択肢になりますが、最も大切なのは、結んだ際に綺麗に見えるかどうかです。


ハンドメイドのネクタイであれば「つくり」もしっかりとしており、おすすめです。


具体的には、下記をチェックしてください。


・真ん中で二つ折りし、軽くひとつ結びを行った際に、ノットにしわがよらず、ディンプルが綺麗にできるかどうか。


・真ん中の縫い目がやや不均一のもの。


これはハンドメイドの証といえます。


不均一であるほうが、捻れや型崩れから戻りやすいです。


・カンヌキが強度抜群のコイル状になっているかどうか。


コイル状になっているネクタイは丁寧な仕事がされている証です。


 


 


【かしこまった席に相応しいネクタイ】


結婚式に純白のネクタイを結ぶのは昔ながらの基本中の基本ですが、最近では洒脱にシルバーのネクタイというのもありです。


その際にポイントとなるのが艶やかな光沢があるかどうか、柄がシックかどおうかということ。


ビジネスシーンであればネイビー系、もう少しくだけた場であるならシャンパンゴールドというのも手です。


 


 


【ネクタイのベストポジション】


様々なバランスを考慮すると、大剣の先がベルトのバックルのだいたい半分くらいにかかるのが理想的といえます。


このとき、大剣より小剣の方が短くなるのが美しいのですが、うまくバランスが取ることができない際は、小剣をパンツの中にしまうのもありです。


また、大剣が長すぎてしまうのもだらしがない印象を与えてしまいます。


注意しましょう。


 


【ネクタイバーの正しい留め位置】


実は、このネクタイバーの留め位置は、決まっていません。


Vゾーンにアクセントを彩ってくれるタイバーですので、ひとつあると便利なアイテムです。


つける位置は、例えばシャツの第4ボタンの上にひっかけるようにつけるのがおすすめです。


ずれにくいですし、さりげない位置になるため、効果的です。


また、このタイバーをわざと斜めに留める上級者技もあります。


通常の留め方に物足りなさを感じたら、ぜひお試しください。


 


 


【シャツの袖丈があわない】


多くの既製品のシャツは、万人向けに作られています。


そのため、袖丈がやや長めにつくられていることがあります。


これでは、ジャケットからのぞくシャツが長すぎて格好が悪いです。


そこで、手首の太さにあわせて内側にボタンをずらしましょう。


手首にフィットし、袖口からずりおちることもなくなります。